<エキストラバージンオリーヴオイル> 
エキストラバージンのなかにもいろんなランクのものがあります。
高級なもので、その風味がよく、じっくり味わいたいものは、料理の仕上げにサッとかける、生食でドレッシングなどの代わりに使うのが一番です。サッと炒める程度であれば、風味もあまりとびませんが、長時間の加熱では、どんど風味がとんでしまいます。
また、同じくエキストラバージンであっても、風味やコクがあまり感じられないものは、炒め物にも揚げ物にも使ってOK です。但し、未ろ過のエキストラバージンオリーヴオイルは、天然の成分が多く、煙の出はじめる温度が低いため、揚げ物には向きません。低温非加熱、生食で、食べましょう。

<ピュアオリーヴオイル>
ピュアオリーヴオイルは、精製オリーヴ油とバージンオリーヴ油がブレンドされたものです。
オイルを精製していますので、エキストラバージンにくらべて、香りなどの風味はマイルドです。
また、価格もお手ごろですので、揚げ物や炒め物にもジャンジャン使えます。ピュアオリーヴオイルで調理して、最後の仕上げにエキストラバージンオリーヴオイルを回しがけすると、オリーヴたっぷり、お財布にもやさしいオリーヴオイルの使い方ですね。
また、風味がマイルドなため、どんなお料理でも使っていただけます。
精製されていますが、精製後もビタミンE などはかなりの割合で残っています。ビタミンEは、体が酸化されるのを防いでくれる働きがあり、大切なビタミンです。