はじめまして、<オリーヴの小枝>と申します。
南フランスのアルルにあるオリーヴオイル専門店「Fad'oli(ファドリ)」より
フランス産オリーヴオイルを直輸入 致しておりましたが、
オーナーがマルセイユに引っ越しの為、
農家さんから送ってもらうようになりました。

「オリーヴの小枝」は、フランス語で「幸せの象徴」の意味。
オリーヴオイルで皆様に幸せが来るようにと名付けた屋号です。

<オリーヴオイルの輸入 の きっかけは、・・・>
フランスに行ったのは、アロマテラピーの本場を見たかったことがきっかけ・・・
ところが、私を待っていたのは、あまり好きでもなかったオリーヴオイル。。。
「アロマのお勉強とはちょっと違うが、味を見てみよう!」と食べてみたら、
私が一度も食べたことのない爽やかな、香り高いオリーヴオイルでした!

まだ、子供が小さかった私は、この自然のオイルが日本の食卓にあれば、きっと子供たちは自然の恵みの恩恵をうけ、少しでも添加物から遠ざけれるはず・・・
何千年も昔から使われ親しまれてきたオリーヴオイルなら、間違いない!

この思いが輸入へのきっかけでした。

<今後の希望>
輸入販売するにあたり、オリーヴオイルの勉強をすればするほど、オリーヴオイルの良さがわかってきました。
その良さを分かち合い、健康にも美容にも良い、オリーヴオイルをもっと身近なものにしていきたいと願っております。。。

一人でも多くの人にこの味を知ってほしくて、
是非、フレッシュなオリーヴオイルを食卓に・・・。