オリーヴオイルは酸化しにくい?

オリーヴオイルあれこれ
GE

オリーヴオイルは酸化しにくいって聞いたんだけど・・・

どれぐらいもつのかしら・・・

オリーヴオイルはその成分の特徴から、非常に酸化されにくいオイルです。

ただし、保管方法にもよるので、保管には注意が必要です。

オリーヴオイルが酸化しにくい理由

オリーヴオイルが酸化しにくいのは、その成分に由来します。

オイル、即ち油脂はグリセリンと脂肪酸で出来ています。脂肪酸にはたくさんの種類があり、様々な性質があります。大きく分けると飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸に分けられます。この「飽和」「不飽和」とは、酸素と結びつく場所がどれだけあるかをさしています。「飽和」とは、もう飽和状態なので酸素が結びつく所はないよ、「不飽和」は飽和じゃないので酸素が結合できるところがありますよ、と言う意味です。「酸素が結びつく」とは「酸化する」ことなので「多価不飽和脂肪酸は酸化しやすい」といえます。それに比べると「一価不飽和脂肪酸は非常に酸化しにくい脂肪酸」です。

オリーヴオイルの主な脂肪酸はオレイン酸です。オレイン酸は「一価不飽和脂肪酸」で含有率は70~80%にもなります。これだけでも酸化されにくいことは明らかなのですが、エクストラバージンは精製されていない為、抗酸化成分である微量成分が沢山含まれています。特にβ-カロチンやビタミンE、ポリフェノールなどは強力な抗酸化力を発してくれます。

主成分の「オレイン酸」が酸化されにくく、βカロチンやビタミンEなどの抗酸化成分を含むため、オリーヴオイルは酸化しにくい。

オリーヴオイルの保管方法

酸化しにくいオリーヴオイルですが、保管方法をあやまると酸化は進んでしまいます。オイルは「光(紫外線)、空気、高温」が劣化の原因になります。

  • 直射日光や蛍光灯があたるところに保管せず、暗所に保管しましょう
  • 空気に長期間触れさせないよう3か月ほどで使い切れる量を購入しましょう
  • オーブントースター、冷蔵庫などの熱が出る場所の周りに保管せず、シンクの下など涼しいところに保管しましょう
  • 冷蔵庫での保管は固化し、使うたびに溶かすため、品質が劣化するのでお勧めしません

オリーヴオイルの成分って酸化されにくいのね。

シンクの下で保管すれば大丈夫そうね。

はい。

正しく保管して、美味しく召し上がって下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました